ニジタツ読書

OLのゆるふわ書評。なるべく良いところを汲み取ろうとする、やや甘口なブックレビューです。

トーベ・ヤンソン『ムーミン谷の夏まつり』

おはようございます、ゆまコロです。

 

トーベ・ヤンソンムーミン谷の夏まつり』を読みました。

9作品あるムーミンシリーズも、もう5作目です。

 

春が来たのに、スナフキンはなかなかムーミン谷にやってこない…とムーミントロールが思っているうちに、彼とスノークのおじょうさんは、家族とはなればなれになってしまいます。

そうこうするうちに、ミイもはぐれてしまい、みんながバラバラに行動する場面が印象的な巻です。

 

とつぜん、子だくさんの父親になるスナフキンが衝撃でした。

ぜんぜん、問題解決しないけど、かわいいシーン↓

 

「「もうじき、あの子たちは、雨でかぜをひいてしまうぞ。だけど、それよりも、もっとこまったことになるかもしれん。あの子たちをたのしませるものは、たぶん、なんにも見つけられまい。あの子たちは、たばこもすわないし、ぼくの話は、みんなをこわがらせてしまう。そうかといって、一日じゅう、さかだちしてやってるひまはないしな。そんなことをしていたら、夏がおわるまでに、ムーミン谷へ帰れなくなっちゃうもの。ああ、ムーミンママが、あの子たちのめんどうを見てくれたら、ほんとにたすかるんだがなあ。」

 スナフキンは、暗い気持ちで、そんなひとりごとをいいました。そのうちに、急になつかしさがこみあげて、考えました。

 (ムーミントロール!また、月の光をあびて、いっしょに泳ごうね。そのあとで、ほらあなの中へはいって、おしゃべりをして…。)

 そのとたんに、ひとりの子が、なにかこわいゆめを見て、なきだしました。ほかの子どもたちも、みんな目をさまして、同乗してなきさけびました。

 「おお、よしよし。あばばのばあ、ぷるぷるぷる!」

 と、スナフキンがいいました。

 だめです。なんのききめもありません。

 「この子たちは、あんたのこと、おもしろいと思わないのよ。」

 と、ちびのミイが説明しました。

 「わたしのねえさんみたいにするのがいいわ。なきやまないと、たたきころしちゃうぞ! っていうのよ。そのあとであやまって、キャンデーをやるの。」

 「そうすりゃ、ききめがあるかい?」

 「ないわ。」

 と、ちびのミイはいいました。」(p168)

 

そしてこの巻、トーベさんはだいぶムーミンの世界観をうまくコントロールしている感があり、同じ時間、違う場所で、誰が何をしているか?という場面の使い方がとても上手だと思いました。

 

挿絵も動きがあり、ぜんぶコピーして塗り絵にしたいくらい可愛いです。

どれが一番かは決めるのが難しいのですが、あえて言えば、お弁当を持って、木の上に上がるムーミントロールの絵です。(p96)

 

最後まで読んで下さってありがとうございました。