ニジタツ読書

日々読んだ本の感想です。面白い本がないかな~と思ったらご参考までに。

奈良美智『NARA NOTE』

おはようございます、ゆまコロです。

 

奈良美智『NARA NOTE』を読みました。

 

奈良美智さんの絵が好きです。

 

この本では、奈良さんが制作に向かう過程での苦労や、目指すところが日記形式でつづられています。

 

「99/08/21

 

それにしても、ここはなんて寒いんだろう。

 

ここ数年、夏はいつも日本だった。

 

暑い中だらだら汗を流して、立体作品を作ってた。

 

今、ひさしぶりのドイツの寒い夏は、あらためて僕がこの地を選んで絵を描こうとしていた頃を思い出させてくれる。

 

その想いは、秋から来年へと続く展覧会へのプレッシャーを、遠くへ押しやってくれる。

 

実際、あせって自分を失いかけてた気もする。

 

一体なんにあせることがある?

 

なにかを望む時は、それまでの自分に人々にまず感謝。

 

そうすれば望む事の意味のなさがわかるじゃないか?

 

全てを一瞬空っぽにしてみれば、それでも見えてるものが在る。

 

そしてそこから放たれるものが在る!」

 

「2000/04/16

 

エアランゲンから汽車に乗って4時間半。

 

部屋の電気をつければ「YOUNG MOTHER」も「DAISY」も、ちゃんと待っていた。

一時帰国まであと5日。それまでに何か描きたいものがある。

それが何だかわからないが、ここ数日の気持ちの整理なのだろう。

 

僕の描くものたちは、ときどき反抗的だが、負けることを恐れてはいない。

そして、勝とうとも思っていない。

そもそも勝負とかゲームとか、そんな次元ではないのだ。

 

小学校の教室に掲げられていた校訓。

 

「明るく 素直に たくましく」

 

何故か思い出している。何故だろう。」

 

奈良さんの絵の前に立つと、絵の中の人物は寂しい雰囲気を漂わせながらも、見ている人には親しげに話しかけてくるような、不思議な感じがします。

 

こういう現場から生まれてくるのか、と考えると、また美術館で奈良さんの作品に出合うのが楽しみになるような本です。

 

最後まで読んで下さってありがとうございました。

 

NARA NOTE

NARA NOTE

 

 

 

本尾読『一生仕事と人間関係に困らないために20代で覚えておきたい100の言葉』

おはようございます、ゆまコロです。

 

本尾読『一生仕事と人間関係に困らないために20代で覚えておきたい100の言葉』を読みました。

 

私はもう20代ではないのですが、初心に戻って得られるものがあるかもしれない、と思い手に取りました。

 

覚えておこうと思ったのはこちらです。

 

●008 「速読は原則として必要ない。(日々本を読んでいる人は、必要なときに必要な速さで読めるようになる。本には本のリズム、自分に合うリズムがある。無理な速読は時間と精神のムダとなりかねない。」

 

●038 「一流の仕事をしているビジネスパーソン、或いは良いお客さんは、あなたの人生をじっくり見守ってやろうという時間はない。だから、挨拶が勝負。(挨拶であなたのことは大体見抜けてしまう。)挨拶に自分の全てを賭けるくらいの気を込めなくてはいけない。「あなたのお役に立ちます」という心からの至誠の気持ちが込められれば、人は期待する。」

 

実は名言集かと思って入手してしまいました。こんなに随所で「ワンピース」推されても…と思わなくもないですが、ターゲット層に合わせてのことなのかもしれません。

 

最後まで読んで下さってありがとうございました。

 

一生仕事と人間関係に困らないために20代で覚えておきたい100の言葉

一生仕事と人間関係に困らないために20代で覚えておきたい100の言葉

 

 

 

藤井義彦『仕事で疲れたら、瞑想しよう。1日20分、自分を浄化する習慣』

おはようございます、ゆまコロです。

 

藤井義彦『仕事で疲れたら、瞑想しよう。1日20分、自分を浄化する習慣』を読みました。

 

そんなに効果があるのかな?と思いつつも、なんとなく気になる「瞑想」です。

 

この本を読むまで、瞑想に種類があることを知りませんでした。

 

中村天風中村三郎)の心身統一法

 =「思考が人生をつくり、感情が運命を左右する」ことから、「思考を積極化することが人生を創り変えることに通じ、感情を統御することが自分の運命を自分の手で切り開くなる」という天風哲学に則った瞑想法。

 

②伝統的な座禅

 =姿勢、呼吸、意識のコントロールなど、「形」が決まっている。

 

③TM瞑想(筆者が実践する瞑想法)

 =あらゆる緊張を排除する。心身とも完全にリラックスさせるのが要諦。呼吸法もあまり強調しない。

 

これらの方法は異なりますが、三者は同根であり、目指すところは同じと考えられるのだそうです。

 

良いな、と思ったのは、瞑想をすることで「本来の自分を取り戻す」という効果です。

 

「日常生活では見えにくい「本来の自分」を取り戻すにつれて、生活習慣や、ものの考え方などが自然に変化して、ものごとがよい方向に向いていく。

例えば、夜眠れない、眠っても疲れが抜けないなどの症状は、瞑想で疲れ知らずに。

 禁煙や減酒も、目的に関わりなく、嗜好が変わる。本来の自分の状態に戻るだけなので、ストレス、苦痛がない。」

 

試しにやろうとしたところ、あっという間に眠くなって、布団に入ってしまいましたが、それはそれでいいのかもしれません。

 

あまり深く考えずにやってみようかな、と思える本でした。

 

最後まで読んで下さってありがとうございました。

 

仕事で疲れたら、瞑想しよう。 1日20分・自分を浄化する習慣 (SB新書)

仕事で疲れたら、瞑想しよう。 1日20分・自分を浄化する習慣 (SB新書)

 

 

スティーブ・モリヤマ『世界の実力者たちに秘かに伝わるユダヤの言葉』

 おはようございます、ゆまコロです。

 

ティーブ・モリヤマ『世界の実力者たちに秘かに伝わるユダヤの言葉』を読みました。

 

素敵な格言がないかな、と思って手に取りました。

 

いいなと思ったのは、次の3つです。

 

◆「自分に対してとことん正直になること、それが心身に良い影響を与えるのである」

ジークムント・フロイトオーストリア生まれの精神分析学の父)

 

◆「みんな自分より賢いんだ。みんな自分より才能がある。

 みんな自分より背が高い。

 みんな私より髪の毛の色が綺麗だわ。

 みんな私より可愛いわ。みんな自分より運がいい。

 みんなコネをもっているけど自分にはない…

 一番大切なことだが、自分の中でそんなささやきが聞こえてきても、聞いてはいけな   い。

 恐怖から生まれる弱々しいささやきに過ぎないのだから。

 それよりも、愛情、他人に対する思いやり、そして他人と助けあう気持ち。

 そういったことを忘れずに、本当に自分が興味がある道を進んでいくのだ。

 自助努力が他人を感動させられる、という強い信念をいだいて。

 ただし、成功と失敗を人生の尺度にはしないこと。

 そうすれば、本当の意味で、自分に対して誇りをもつことができるようになるはずだ」

 ニール・サイモン(米国の脚本家)

 

◆「美しいものを見極める力を持ち続けている限り、年を取ることはない」

 フランツ・カフカチェコ生まれの作家)

 

この人もユダヤ人だったのか、と思う人もあり、また、逆境に立ったとき、思い出したいなと思う言葉もありました。

 

最後まで読んで下さってありがとうございました。

 

世界の実力者たちに秘かに伝わるユダヤの言葉 (SB文庫)

世界の実力者たちに秘かに伝わるユダヤの言葉 (SB文庫)

 

 

ポール・オースター『ティンブクトゥ』

おはようございます、ゆまコロです。

 

ポール・オースター柴田元幸(訳)『ティンブクトゥ』を読みました。

 

「何かよくないことがあるのであって、それが何なのかは見当もつかなかったけれど、ヘンリーの悲しみがだんだんに自分にも伝染してきて、何分もしないうちに、少年の悲しみを自分のものとして引き受けていた。犬とはそういうものだ。」

 

この表現が好きです。オースターも犬が好きなのかな、と想像してしまいます。

 

可愛い犬の表紙を見た時に、一瞬テンションが上がりました。「でも心温まるラストではないような気がする、オースターだから。」と思ってしまいましたが、面白かったです。

ほぼネタバレになってしまいますが、巻末の訳者:柴田元幸さんのあとがきを読むと、この物語における作者の狙いが分かります。

 

「この『ティンブクトゥ』でも、典型的な結末(たとえば、ウィリーを失ったミスター・ボーンズが、紆余曲折を経て新たな飼い主と幸せに暮らすとか)に物語は一見向かうようでいて、それがくり返し回避される。そのなかで、我々読み手も、作品自体と向き合うと同時に、そうした定型を欲したり嫌ったりする自分自身とも向きあうことになる。ひとつの物語をたどりながら、我々の物語観自体を見直すことにもなるのだ。」

 

どうかミスター・ボーンズがティンブクトゥで幸せに暮らせますように。

 

最後まで読んで下さってありがとうございました。

 

ティンブクトゥ (新潮文庫)

ティンブクトゥ (新潮文庫)

 

 

おちまさと『相手に9割しゃべらせる質問術 1対1が苦手なあなたへ』

おはようございます、ゆまコロです。

 

おちまさと『相手に9割しゃべらせる質問術 1対1が苦手なあなたへ』を読みました。

 

1対1って、考えただけで緊張します。会社の忘年会で、話したことのない人の隣の席に座っただけでも、どうしようという気持ちになります。

 

参考になりそう、と思ったのはこの二つです。

 

●質問づくりの基本は「リスペクトの精神」

「これさえもっておけば、相手に決して失礼な質問をしなくなるという武器があるのです。

 

 それは、リスペクトの精神です。

 

 自分の心の根っこに、相手に対する尊敬の気持ちをしっかりと置いてさえいれば、いちいち「これは失礼か、そうじゃないか」などと考えなくても、相手を傷つけたり茶化したりする言葉は自然と出てこなくなるもの。これはとても大切なことです。

 

 また、尊敬の気持ちと合わせてもう一つ大切なのが、相手を理解しようとする態度です。

 

 あなたが尊敬する相手は、あなたの想像をはるかに超えた深い人生観や経験、知恵の持ち主です。「わかんないから、聞いてんじゃん」的な軽い態度では、そこに近づくことすらできません。」

 

●「淀川(長治、映画評論家)さんは、たとえ駄作と言われる映画でも、いいところが発見できるまで何度もくりかえし見たのだそうです。ストーリーがダメなら、俳優の演技、カメラワーク、美術、衣装など。そして、どんな作品にも必ず一つはほめるところを発見できるとおっしゃっていました。

 

 人についても同じじゃないでしょうか。

 

「上司がつまらない」のではなく、上司のいいところを発見できないのは、自分の熱意が足りないからなのです。

 

 あなたが「どうせこの程度」と思っていれば、「その程度」の話ししか聞き出すことはできません。まず、自分のマインドを変えましょう。」

 

この発想は、例えば本の感想を求められたときなど、いろんな場面に使えるのではないかな、と思いました。

 

次の飲み会に生かしたいと思います。

 

最後まで読んで下さってありがとうございました。

 

相手に9割しゃべらせる質問術 (PHP新書)

相手に9割しゃべらせる質問術 (PHP新書)

 

 

和田裕美『和田裕美の人に好かれる話し方』

おはようございます、ゆまコロです。

 

和田裕美和田裕美の人に好かれる話し方』を読みました。

 

和田裕美さんは外資系教育会社に入社後、プレゼンしたお客様の98%から契約をもらったという営業のカリスマです。

 

いいなと思ったのは、次の二か所です。

 

◆営業の仕事は「聞くこと」から始まる。

「ブリタニカにいた頃によくボスや大ボスに言われました。

 

 「理解してほしいなんて思うなよ。

理解するほうにまわるほうが絶対にうまくいくんだから」

 

そうして彼らは、必ずあの孫子の言葉を引用したものです。

 

「敵を知り己を知らば百戦危うからず」

「彼を知らず、己を知ざれ戦うことに必ず危うし」

 

歴史に疎い私でも、この話を聞くとなんとなく「ふーん、相手を知ることって大切なのねえ…」としみじみ感じたものです。」

 

ついつい、「理解してほしい」という気持ちを前面に出してしまいそうです。でも、そんな自分本位な気持ちでは駄目なんですね。

もう一つはこちら。

 

◆しつこく誘うより、断りやすくして誘う。

「営業の場合、しつこくすればするほど嫌がられて断られるケースになりますが、相手にまったくもってその気がない場合は、直接働きかけても、期待する効果がないはずです。(中略)

 

 お客さんに売ろう売ろうとしたり無反応な人にしつこく話しかけないで、楽しそうに説明して、「まあ、よかったらどうですか?」と断りやすくしてあげるのです。

 

 それでも、変わらない場合、「よほど合わないのだなあ」と知っただけでもいいのです。

 

 自分が苦しくてイヤな気持ちになってしまうなら、無理に話さなくてもいいのです。」

 

筆者の優しい性格が表れているようで好きな考え方です。

一時期、営業のお仕事に携わったことがあります。

でも和田裕美さんの前向きで、謙虚な姿勢は、営業職でなくても勉強になると思いました。

 

最後まで読んで下さってありがとうございました。

 

和田裕美の人に好かれる話し方 (だいわ文庫)

和田裕美の人に好かれる話し方 (だいわ文庫)