ニジタツ読書

OLのゆるふわ書評。なるべく良いところを汲み取ろうとする、やや甘口なブックレビューです。

石原加受子『仕事も人間関係も「すべて面倒くさい」と思ったときに読む本』

おはようございます、ゆまコロです。

 

石原加受子『仕事も人間関係も「すべて面倒くさい」と思ったときに読む本』を読みました。

 

なかなか面白かったです。日々、面倒くささを感じる事柄はあるのですが、「なにもかもが面倒くさい」という思考に陥る前に、読んでおいた方が良い気がして手に取りました。

 

好きな個所はこちらです。

 

●責任を過剰にとらない自分になる。

 

「「しなければならない」病にサヨナラする。(自分に厳しくするほど、ダメな自分を許せなくなり、ダメな自分と他者を比較すれば、「自分がダメなところ」だけを拾ってしまう。)

 

→まず自分の自由を心から認めて、「しなければならない」から解放される。」

 

●過去の鎖から解放される。

 

「あなたは相手の期待に応えようと、一生懸命やってきました。自分の感情を鈍感にしてまでも、努力してきました。もう何もかも面倒くさいとなるほどに、あなたは過剰な責任を自分に押しつけ、感じる必要のない罪悪感で自分を苦しめてきました。

 

 でも、もともと、あなたが責任を負うべきことではありませんでした。「そうか私はもともと必要のない責任で、自分を苦しめてきたのか。罪悪感なんて、いらなかったのか」と自分に言う。」

 

普段は何とも思わないことでも、弱っている時ほど、悪い方に受け止めたり、自己肯定しにくくなったりするので、こうやって文章で「受け止めてもらった」感を得るのは効果的であるように思いました。

 

苦しいときに思い出したいと思います。

 

最後まで読んで下さってありがとうございました。