ニジタツ読書

OLのゆるふわ書評。なるべく良いところを汲み取ろうとする、やや甘口なブックレビューです。

ムンク展に行ってきました。

おはようございます、ゆまコロです。

 

東京都美術館(上野)で開催中の、

ムンク展ー共鳴する魂の叫び」に行ってきました。

 

開館15分前くらいに到着したけれど、すでに門の前(エスカレーターを降りる前です。)には100人くらいの列が出来ていました。

学生さんの団体もたくさん並んでいます。

 

5分前くらいに開門し、エスカレーターを降りて、ようやくチケットを持っている人・持っていない人に分かれます。

 

チケットを持って進むと、チケットを切って下さるところでまた行列でした。ここで何人かずつ、区切って、ようやく展示室に入れました。

 

ただ、比較的大きなサイズの作品が多いからか、中はそれほど大混雑という感じでもなかったです。

(金曜日の開館とほぼ同時入室だったからかもしれません。)

 

床に伏せっている絵や、病の最中を描いた絵がいくつもあり、5歳の時に母親を、その9年後に姉を結核で亡くしたというムンクの、大きな悲しみが伝わってくるようでした。

それだけに、晩年の光にあふれた明るいタッチの絵には、安堵感があります。

 

「叫び」の置いてある部屋は、さすがに目の前で長く立ち止まれないよう、行列用の柵がありました。でも、列に並び直せば何度も見られます。

 

私が今回観たかったのは「疾駆する馬」という作品でした。ムンクの絵にしては、現実味のある生命力がみなぎっているというか(すみません)、躍動感があり、力強い印象を受ける絵です。

これは、彼が写真や映画など、当時の新しいメディアに関心があったことによる試みなのだとか。

 

グッズで良かったのは、ルピシア監修の紅茶です。

お茶が好きな方は、サンプルを嗅いでみて下さい。

缶も可愛い💕

 

多面的なムンクが知れて、大変面白かったです。

 

東京・上野の東京都美術館

開催中〜2019.1.20まで。

 

金曜日の開館15分前の様子。

行列は全部写真に収まりませんでした。

f:id:hamletclone:20181109233827j:image