ニジタツ読書

OLのゆるふわ書評。なるべく良いところを汲み取ろうとする、やや甘口なブックレビューです。

奈良美智『NARA 48 GIRLS』

おはようございます、ゆまコロです。

 

奈良美智『NARA 48 GIRLS』を読みました。

 

奈良美智さんの絵は、詩みたいに個人的に話しかけてくるような、不思議な孤独感があると思います。

 

「地図はないが

目の前には道がある

誰が歩んだ道か

知らないけども道がある

 

歴史上の偉人たちが

通った道かもしれないし

凡庸な人々が歩いた跡かもしれない

 

荒野を目指したいが

どれくらい歩いたら荒野が

待っているのだろう

 

書物や友や電話にメールと…

恵まれすぎているのかそうでないのか…

 

なんだか聖書の言葉が目に

聞こえた気がした。

 

貧しさも富も私に与えず、

ただ、私に定められた分の食物で

私を養ってください。」

 

何度か奈良美智さんの展覧会に行ったことがあります。

彼の描いた絵を実際に前にすると、そのパワーの大きさと、絵が放っている孤独感に圧倒されます。

 

その他の作品集もおすすめです。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

 

NARA 48 GIRLS

NARA 48 GIRLS